キズやヘコミは修理すべき?

キズやヘコミは修理すべき?

車というのはどんなにキレイに維持しようと思っても洗車している時にブラシによって細かな傷がついてしまったり、走っている時に小枝がひっかかって小さな傷がついてしまったりすることがあります。

 

乗り換えの際、今乗っているを買取業者へ売却しようと思ったときにこうした傷が査定のマイナスになってしまうんじゃないかと思いますよね。

 

買取業者によってどこまでの傷がマイナスになってしまうかというのは違っているものですが、小さな傷がついてしまったものに関しては、できるのであれば直さないでそのままの方が良いと思います。

 

下手に自分で直してしまうことによって、目立ってしまうようなことになると査定がマイナスになります。

 

買取業者というのは私たちから車を買い取った後に細かな傷等はキレイに修復して販売することになっていますから、素人が下手に直してしまうよりはプロにお願いした方が良いと思います。

 

反対に完全にドアなどがへこんでしまって、とても目立ってしまっている場合には買取業者に査定をしてもらう前にきちんと板金をして、直しておいた方が良いと思います。

 

見た目にはっきりとわかる傷というのはどうしても査定のマイナスになりますから、自分である程度治してから査定をしてもらいましょう。

 

細かな傷と大きな傷の境目はとても難しいものですが、少し離れた場所から見てわかる傷であれば直した方が良いし、近寄るまではわからないような傷であれば、そのままの状態で査定をしてもらったほうが良いと思いますよ。