ディーラー下取りと買取

下取りは車を買取るだけが目的ではない

新車ディーラーにおいて新車を購入するときに必ず聞かれるのが今乗っている車の車種です。

 

新車を購入するときは買い増しでない限り、今の車を処分することになるのですが、新車ディーラーでは、下取りという形で買い取って、それを購入資金の一部として商談を進めていきます。

 

しかし、この下取りというのは新車を購入するからいらなくなった車を買取ってくれるというだけが目的ではありません。

 

一般的な車買取業者は、買い取った車の買取額に利益を乗せた額で販売することによって商いが成り立っているものです。

 

新車ディーラーは、最近ではディーラー直営の中古車販売も行っていますが、基本的な利益は新車を売ることによってあげています。

 

という事は車を下取りしてその車を売ることは二の次で、いかに新車を買ってもらえるかというのが、一番大事という事なのです。

 

特に人気車種や発売間もない新型車の場合は、何もしなくてもそれなりに売れてしまうので、値引きをあまりしてくれませんし、値引きの代わりとなるパーツもつけてくれません。

 

それではせっかく買う意思を持ってきたお客さんが、ライバル車にとられてしまうかもしれないのです。

 

そういう時に持ち出すのが下取り金額です。

 

要は新車自体の値引きをしない代わりに下取り金額をあげて、事実上値引きした形をとることが多く、それによって購入する側は安易に納得してしまうです。

 

変な話、下取り金額を多少あげたからといってディーラー側にはあまりマイナス面はなく、逆に値引きをしないで新車を売ったことのプラス面のほうが大きいのです。

 

新車を購入するときに下取り金額をあげるような形になる場合は、「もうこれ以上値引きはできません!」とディーラー側がいっているものと思ったほうがよいでしょう。

どっちが得かよく考えてみよう!

今乗っている車の新しいモデルが出た、あるいはずっと狙っていた車を購入できる資金ができたとなれば、一目散にディーラーに行ってその車の購入に走るわけですが、そこで必ず話題に上がるのが今乗っている車の処分方法です。

 

処分といってもの廃棄処分にするわけではなく、この車を買取ってもらうという事です。

 

今までの一般的な流れからすると新車購入時にそのディーラーで「下取り」という形で車を買取ってもらうのですが、その下取り額の数値を見て、ちょっと不思議に思う時があります。

 

あまり人気のない車なのに異常に下取り金額が高かったり、数年前に発売されたばかりなのにやたら下取り金額が安かったりする場合が多く見受けられるのです。

 

これは、ディーラーが下取りする際の基準が、本来の車の価値観とかなり違うことが大きな理由となっています。

 

一般的な買取業者では、モデル名や年式、走行距離、ボディカラー、車体の傷み、パーツの有無などから査定額を割り出し、特に車体の傷みを重点的にチェックして最終的な査定額を算出するのですが、ディーラーの場合はディーラーごとにある下取り基準価格表なるものを見ながら、モデル名、年式、グレード名、走行距離、ボディカラーなどの非常に少ない項目だけで査定額を算出します。

 

特に重視されるのがボディカラーで、車にもよりますが無難なホワイト系やシルバー系の車は比較的高くなり、逆に赤や黄色などの趣向性の高い色は安く見積もられることが多いのです。

 

逆に車体の傷みはほとんどチェックされず、よほど大きな傷やへこみがある状態でなければ大きな減額とはなりません。

 

従って、ボディに多少の傷があっても、ボディカラーがホワイトであれば高く下取りしますし、逆に大人気となっている車でもグレードが低く、ボディカラーもパープルなどという場合は安い下取り金額となってしまうのです。

 

新車購入時には下取りが絶対条件ではありません。

 

自分の車の状態にあった買い取り先を探すのが一番賢い売り方だと思います。

レクサスの下取りと買取はどちらが良いの?

レクサス買取
レクサスの下取りを選択した70%以上の人が損をしているのは本当?レクサスを少しでも高く売りたい人だけご覧下さい。

更新履歴